施術回数の違い

光脱毛と医療脱毛では、完了までの施術回数も変わってきます。これには個人差もありますが、施術回数の違いも知っておくと、脱毛する時にどこを選ぶかの基準になります。

個人差がある事を前提にしても、光脱毛は6回、8回、12回などコースを選ぶ時に選択肢はある程度決まっています。医療脱毛は威力が高い医療用レーザーを使うので、施術回数は光脱毛よりも少なく済みます。あくまでも一例ですが、光脱毛で両ワキの脱毛を完了させるのに6回かかるところを、医療脱毛では4回で済みます

部位によっては毛の濃さや量も違うので、もう少し時間がかかるところもありますし、全身脱毛になればさらに回数は増えていきます。全身脱毛で比較してみると、光脱毛は1年半から2年を目安にしていますが、医療脱毛の場合自己処理が必要ないくらいまでにするには、5回から7回程度で実感できると言われています。これにも個人差はありますが、早くて永久脱毛効果が期待できるので、費用も若干高めに設定されています。

ただし医療脱毛は刺激や痛みを感じやすいので、痛むのが嫌という方は光脱毛がおすすめです。今は機械の性能が向上していて、ほとんど痛みを感じずに脱毛できるようになっています。(光脱毛参考サイト⇒ラドルチェ 大阪店

光脱毛と医療脱毛ではいくつか違いがありますので、自分にとって良いと思える方法を選んでいきましょう。

費用の違い

光脱毛と医療脱毛では費用面でも違いがあります。エステサロンでは光脱毛、皮膚科や美容クリニックでは医療脱毛をしています。両者を比較した時いくつかの違いがありますが、費用面でもかなり変わってきます。

両者とも以前に比べると全体的に費用は安くなっていますが、光脱毛に比べると、医療脱毛の方が費用は高くなっています。これは医療行為という事もありますが、美容目的の施術は自由診療となるため、費用は各クリニックで自由に決められる事も関係しています。しかし一応相場もあるので、法外な料金設定をしているところには人が集まりません。

光脱毛をしているエステサロンは、全身脱毛のように施術する部位が多くなれば数十万円かかる事はありますが、キャンペーンも頻繁に開催しているので、キャンペーンを利用すれば格安価格で脱毛ができます。キャンペーンは集客目的もあるので、期間は限られますが、1部位数百円で脱毛完了までできるという、お得なコースもあります。

費用面で見るとお得なのは光脱毛です。ただし永久脱毛効果は期待できません。時間が経過するとうぶ毛のような細い毛が生えてきますが、施術完了後も定期的に施術を受けておくと綺麗な状態を維持する事ができます。医療脱毛は費用は高いですが、一度脱毛完了していれば、毛が生えてくる事がないので自己処理もしなくて済みます。

光脱毛と医療脱毛

光脱毛と医療脱毛は仕組みが違うので、効果も変わってきます。光脱毛と医療脱毛の違いを詳しく説明します。

光脱毛はエステサロンや脱毛専門店で採用されている脱毛法の事です。光にも種類はありますが、痛みが少なく肌にダメージを与えずに、脱毛できる方法です。仕組みは光を照射して、毛根を萎縮させ、脱毛を促すというものです。

医療脱毛は医療用レーザーを使い脱毛する方法です。医療用レーザーは医療機器を使った医療行為ですから、医療機関で医師が施術をします。エステサロンでは施術ができません。光脱毛に比べて威力が高く、毛根を破壊するのでほぼ永久脱毛効果が期待できます。医療機関で行いますが、美容目的の施術となるため、健康保険は適用外となります。

脱毛だからどこも同じと考えられがちですが、実際は効果に大きな違いがあります。光脱毛でも施術完了後から数年は毛が生えてきませんが、まだ歴史が浅くきちんとしたデータがないため、永久脱毛効果については期待できないとされています。医療脱毛は医療機器を使うので、臨床試験などでその効果は確認されています。

脱毛する時は光脱毛と医療脱毛の2つの選択肢があります。どちらがいいかは人による違いや好みもありますので、特徴や効果などを比較して、自分にとって一番良いと思える方法を選んでください。エステサロンとクリニックで行いますので、通いさすさなども比較対象になります。体験コースもあるので、体験して決めるという事もできます。